スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    熱中症に注意

    毎日の猛暑のため熱中症で病院に運ばれる人が増えています。またお年寄りで命を落とす方も出ています。
    私の子供の頃は熱中症というものはなく、直射日光の下でスポーツをしたため意識を失い倒れた例はありました。これを熱射病と言っていました。しかし最近は、部屋の中でも同じような症状を起こしています。
    熱中症とは、「高温の環境の下で体の適応障害によって起こる状態」と定義されています。平たく言いますと、高い気温の下で体がそれに対応できないために、めまいや失神を起こし倒れる状態です。それではなぜ部屋の中で熱中症が起きるようになったのでしょうか。地球の温暖化が関係しているでしょうが、それとは別に人間の生活環境、生活様式が変わったためと思われます。寒い時は暖房をつけ、熱い時は冷房をつける生活をするようになったため、気温の変化に対応できなくなっているのです。気温が上がれば汗をかいて体温を下げ、体温調節するのがそもそも人間の自然の働きですが、冷房をふんだんに使うようになっためその機能が失われているのです。
    これからも猛暑は続きます。冷房はほどほどにし、水分や塩分をとって熱中症にならないように気をつけましょう。
    スポンサーサイト
    プロフィール

    松江寛人

    Author:松江寛人
    がん総合相談センター院長

    カレンダー
    06 | 2012/07 | 08
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    カテゴリ
    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。