スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    新春、今年も頑張るぞ!

    新しく福島駅西口から5分程の所に開設した「ふくしま共同診療所」(福島市太田町20-7左周ビル1階TEL
    024-573-9335)が軌道に乗り走りだしました。昨年11月24日の毎日新聞夕刊6頁には大きく取り上げられ、NHK福島のニュースでも放送されました。福島の人達の期待は我々が思う以上であるわけです。
    福島原発の事故で多くの人達が放射能による被爆をしているのは残念ながら事実です。
    特に子供は放射能に対する感受性が高いので、被爆によって体の中に何らかの障害を生じている可能性は否めません。チェルノブイリでは甲状腺がんがたくさん発症しています。そのため多くのお母さんたちは子供の甲状腺がんを一番恐れ、検査を希望して診療所を訪れています。実際、鼻血等の具体的症状も現れだしているのが現状です。
    被爆による健康障害は心配ないと公の機関は断言していますが、誰も保証できませんのでとにかく異常等をいち早く発見する事が最良の方法という事になります。
    検査に来た子供たちやお母さんと接しながら、がんが発見されないと良いなあ~と願いながら、見つけてやるぞ~と検査をしている自分に矛盾を感じながら、これからもたくさんの子供に検査を行うことになるでしょう。
    まもなく喜寿ですがますます頑張ります。
    スポンサーサイト
    プロフィール

    松江寛人

    Author:松江寛人
    がん総合相談センター院長

    カレンダー
    12 | 2013/01 | 02
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    カテゴリ
    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。