スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    放射線被曝による老化

    国会事故調査委員会の委員であった崎山比早子先生によると、チェルノブイリ原発事故以後、放射線被曝よって癌のみならず消化器疾患、循環器疾患、神経疾患が増えたことが一般に知られていますが、それだけではなく老化が起きることが最近分かってきたそうです。
    細胞の老化とは、細胞が永久に細胞分裂できなくなることで、正常な細胞にも寿命があります。ところが放射線によってDNAが切断され、その細胞の修復時に、正しくつながるもの、間違えて結合するもの(変異が起こりがんの発生)、修復できずに分裂できなくなるもの等がおこります。こうして老化が起きてきます。
    子どもの甲状腺が問題なっていますが、これからは大人の老化が問題なることが予想されます。

    トラックバック


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    -

    管理人の承認後に表示されます

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    プロフィール

    松江寛人

    Author:松江寛人
    がん総合相談センター院長

    カレンダー
    10 | 2017/11 | 12
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -
    カテゴリ
    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。