スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    乳がんの温存療法の適応

    最近乳がんの手術で、乳房を温存する部分摘出術が盛んに行われています。
    乳がん全手術のおよそ60%が乳房温存手術です。しかし乳房温存手術は、乳がん病巣の所を部分的に摘出するものですから、乳がんの一部が摘出されずに残ってしまう恐れがあります。
    実際にそのような患者さんの相談を受けることが多くなりました。
    乳房温存手術には適さない乳がんも温存手術が行われているためです。
    がんの病巣のみで考えれば、がんの手術はがんのすべて取り去ることが原則です。
    この頃、乳房温存手術が多いのは、適していないにもかかわらず希望する(乳房少しでも残したい)患者さんが増えたからです。
    女性にとって乳房は特別な部位であるのはよくわかるのですが、適応を厳しくしないと、今後乳がんの再発患者さんが増える恐れがあるのは事実です・・・乳房を失いたくない女性の気持ちもよくわかるし・・・
    難しい問題です。

    無理な治療は命を縮める

    乳がんで手術8年後に再発転移をしている患者さん。抗がん剤の治療をしましたが効果なく、肝臓と脳に転移しています。脳転移には放射線治療をしましたが、全然効きませんでした。
    現在、肝転移のために黄疸になり、また脳転移のために意識もやや朦朧としている状態です。
    家族の方はがんに対する何らかの治療を望んでいます。
    残念ながらがんに対する有効な治療はありません。
    このような状態の時には、がんの治療は一切せずに、がんによって引き起こされている病状を少しでも改善することが大切です。それが延命につながります。まずは家族が本人の病状をよく理解することから始まります。
    TVによく出ている鎌田實氏の言う「頑張らない」とはこのことです。
    お子さん達、親孝行をして下さい。

    手術は生活の質を低下させる

    82歳で脳障害のために嚥下困難、歩行困難な患者さんに胃がんが見つかりました。医者は手術可能と言ったので本人は手術を希望しました。たとえ手術が可能でも、障害を持っている高齢者ですから、手術によって体にダメイジをうけ、その結果今まで以上に生活の質を低下させます。手術をしないように家族を説得したのですが、本人は納得せず(何故寝たきりの生活なのに手術を希望するのか・・・がんで死期を早めたくないと考えているのか・・)手術は行われました。いま集中治療室で治療を受けています。
    がんで死期を早める怖さより手術後の生活の質(QOL)がどれだけ大変になるか、人間的な生活が出来るのか、等々考えれば大変不安です。

    がん治療後に医者への不信

    直腸がんの手術を受けた患者さんが、生活が不自由になったことで不満を訴えています。
    最初の手術が成功せず、その後に2回手術を行い、人工肛門を造設することになり排尿障害も起きました。
    直腸は骨盤の後ろにあるので手術は難しく、この様な事が起きるのはめずらしくありません。
    問題なのは手術後の医者の台詞です。「がんは治ったので手術は成功した」と言ったそうです。
    患者にとっては、手術が終わって普通の生活に戻れることが成功なのです。それ以来医者に対する不信感持つようになったそうです。
    治療には技術が必要ですが、病気で苦しんでいる患者さんの気持を理解することが医者にとってはもっと大切なことです。 



    やはり検診は重要

    何も症状がない人の一般の検診で腎臓がんがみつかりました。
    血液検査では脂肪がやや多いくらいの結果でしたが、超音波検査で右の腎臓に3CMのがんが発見されました。
    腎臓がんはよほど大きくならないと発見がされないので、5CMくらいでも早期がんと言われていましたが、
    現在では超音波検査で比較的簡単に小さな腎臓がんを発見することが可能です。
    この患者さんは手術によって完全に治癒することが期待できます。
    やはり検診は重要です。
    プロフィール

    松江寛人

    Author:松江寛人
    がん総合相談センター院長

    カレンダー
    06 | 2018/07 | 08
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    カテゴリ
    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。